作業員

水漏れ修理のことは業者に任せよう|家庭に起こるトラブルを即解決

高齢者の生活を快適に

インテリア

生活のためのバリアフリーポイントを考える

核家族化が進行する昨今、高齢になった方々がお子様と同居せず、自立した生活を送るケースが増えています。こうした生活は自由気ままですが、年をとるほど気になるのが身体機能の低下の問題です。先々身体が自由に動かなくなった場合の事を考えて、住宅をバリアフリー化するようにしましょう。特に近年では介護用のリフォームとして家の中に手すりを取り付ける人達も増えています。手すりを取り付ける場合、気になるのがどのようなポイントに取り付ければ良いのかと言った問題です。高齢になった場合、しゃがんだ姿勢から立ち上がるために苦労する方が多い現状があり、近年ではトイレや玄関に手すりを取り付けるケースが増えています。今後は、こうしたポイントのバリアフリー化が進行して行くでしょう。

手すりを取り付ける前の注意

高齢者の為に屋内に手すりを取り付ける場合、暮らしている住人の状況に応じて手すりの種類を選ぶようにしましょう。例えば視力の低下が見られる方であれば、壁の色に馴染まない種類の手すりを選んで取り付ける必要があります。もしも壁と同色の手すりを設置した場合、機材を目視できない可能性があります。また、握力が低下している方の為には掴みやすい形状の波型手すりが開発されていますので、こうした商品を選ぶようにしましょう。同時に、手すりの太さを住人に合わせて選ぶ事が大切です。他にも近年の手すりは、L字型や縦に取り付けるものなどが存在しています。住人が歩行だけでなく立ち上がりのために使いやすい形の機材を設置するようにしましょう。動作を考えて、ものを選ぶ事が大切です。